ホーム> 国際シンポジウム

「気候変動に関する国際枠組み―主要国によるCOP15の評価」
国立環境研究所 地球環境研究センター・上智大学 環境と貿易研究センター共催

目的:COP15に至る主要国の国内での意思決定過程及び同国でのCOP15の評価を理解する。
日時:平成22年1月19日(火)  13:00〜16:00
場所:KKRホテル東京 10階 瑞宝の間
〒100-0004 東京都千代田区大手町 14-10
http://www.kkr-hotel-tokyo.gr.jp/
東西線「竹橋駅」3b出口直結
千代田線「大手町駅」C2出口、都営地下鉄「神保町駅」A9出口よりそれぞれ徒歩5分
言語:和英同時通訳付き
参加費:無料
定員:200名(先着順)
参加方法:終了しました。


◇プログラム◇
12:40 受付開始
13:00 開会の挨拶
独立行政法人国立環境研究所地球環境研究センター長 笹野泰弘
13:10 EUの意思決定過程とCOP15の評価
Ms. Lidia Wojtal, Specialist, Department of Foreign Economic Policy, Ministry of Foreign Affairs, Poland
PDF:546 KB
13:35 米国の意思決定過程とCOP15の評価
Dr. Richard D. Morgenstern, Senior Fellow, Resources for the Future (RFF)
PDF:107 KB
14:00 ロシアの意思決定過程とCOP15の評価
Ms. Yulia Dobrolyubova, Expert on climate change, Russian Regional Environmental Centre (RREC)
PDF:1078 KB
14:25 中国の意思決定過程とCOP15の評価
Dr. Zhuang Guiyang, Senior Research Fellow, Research Centre for Sustainable Development (RCSD), Chinese Academy of Social Sciences (CASS)
PDF:3106 KB
14:50 途上国グループの意思決定過程とCOP15の評価
Ms. Moekti H. Soejachmoen, Executive Director, Yayasan Pelangi, Indonesia
PDF:452 KB
15:15 フロアとの意見交換
15:55 閉会の挨拶
独立行政法人国立環境研究所地球環境研究センター主任研究員 亀山康子
» Back to Top