推進費2-1702及び2-1908 国民対話シンポジウム
低炭素社会から脱炭素社会を目指して

開催概要

日時:
2019年11月20日(水) 14:00-17:00 (13:30受付開始)
場所:
TKPガーデンシティPREMIUM秋葉原 ホールB
主催:
国立環境研究所 社会環境システム研究センター
環境再生保全機構環境研究総合推進費2-1702及び2-1908
※入場無料・同時通訳あり

パリ協定の合意、IPCC1.5℃特別報告書の公表など、世界は脱炭素社会の実現に向けて大きく転換しようとしています。日本も2019年6月に長期戦略(パリ協定に基づく成長戦略としての長期戦略)が閣議決定され、今世紀後半のできるだけ早期に温室効果ガスを出さない「脱炭素社会」を目指すことが示されました。そこで、脱炭素社会の実現に向けて国際的にはどのようなことが議論され、アジアでどのような動きが見られているかについて、世界の研究者から報告をいただき、日本が脱炭素社会の実現に向けて取り組むべき課題について議論します。

参加のお申し込みはこちらから(Googleフォームが開きます)

※申し込みは11月14日(木)までとなります。
当日参加も可能ですが、人数把握のため事前に申し込みいただきますようお願いいたします。

プログラム

時間 登壇者(敬称略)
14:00-14:05 開会の挨拶
木野修宏(日本・環境省低炭素社会推進室長)
14:05-14:10 本シンポジウムの概要説明
増井利彦(日本・国立環境研究所室長)
14:10-14:30 「IPCCの取り組み」
P.R.Shukla(IPCC第3作業部会共同議長/インド・アーメダバード大学特別教授)
14:30-14:50 「長期シナリオの観点から」
Jae Edmonds(米国・パシフィックノースウェスト国立研究所チーフサイエンティスト)
14:50-15:10 「日本における脱炭素社会への道のり」
日比野剛(日本・みずほ情報総研次長)
15:10-15:20 休憩
15:20-16:55 パネルディスカッション:アジアの取り組みと日本
  • 「世界から見た脱温暖化社会の重要性」
    高橋潔(日本・国立環境研究所室長)
  • 「中国における脱温暖化社会に向けた取り組み」
    Kejun Jiang(中国・能源研究所教授)
  • 「インドネシアにおける脱温暖化社会に向けた取り組み」
    Rizaldi Boer(インドネシア・ボゴール農業大学教授)
  • 「タイにおける脱温暖化社会に向けた取り組み」
    Bundit Lim(タイ・タマサート大学准教授)
パネリスト:
高橋潔、Kejun Jiang、Rizaldi Boer、Bundit Lim、P.R.Shukla、Jae Edmonds、日比野剛
モデレーター:
増井利彦
16:55-17:00 閉会の挨拶

※プログラムは変更になる可能性がございます。

本シンポジウムは
平成31年度環境再生保全機構環境研究総合推進費2-1702及び2-1908の研究助成で実施しております。

ページのトップに戻る