Member

国際共同研究プログラム

1994年、AIMプロジェクトはAIMモデルをさらに発展させ、地域における政策研究の共通分析ツールとして使えるようにするための国際共同研究プログラムとして始まりました。

この共同研究プログラムを進展させるため、環境省はデータの蓄積とモデルの発展のための研究費およびエコフロンティア・フェローシップを研究者に提供しました。さらにこれらの環境省のサポートに加え、研究者は日本学術振興会、国際交流基金フェローシップ、国際連合大学インターンシップやその他の二国間の奨学金を与えられました。

共同研究の合意は次にあげるアジア研究機関の間で取り決められました:
中華人民共和国エネルギー研究所および中国科学院地理科学・資源研究所、インド経営大学院アーメダバード校およびラクナウ校、ソウル大学校および韓国環境政策・評価研究院、アジア工科大学院(タイ)、マレーシアプトラ大学。

アジアの研究機関に加え、AIMチームは欧米の研究機関とも協定を結びました:特に、ワシントンにあるパシフィック・ノースウエスト国立研究所とウィーンにある国際応用システム解析研究所と強く協定を結びました。これがデータおよび研究者の交換を容易にしました。これらの交換が各グループから出た最も良いモデルを他の研究機関のモデルとリンクさせることを可能にしました。別のパートナーは国際連合大学で、アジア発展途上国の研究ネットワークの発展を促進してくれました。

AIMプロジェクトチームは各共同研究機関の最新の研究結果を発表・議論し、さらなる作業のために優先順位を決めることを目的とした年1回ワークショップを開催しています。強いコミュニケーションネットワークと頻回共同作業はこれらの自発性のたまものです。

チーム

アーカイブ

森田恒幸先生

所属:
国立環境研究所
専門:
グローバル・モデリング、環境経済学、政策科学

>> 森田先生の詳しいご経歴はこちら


倉田学児先生

所属:
京都大学
専門:
大気環境工学

倉田先生の詳しいご経歴は準備中です。

back to top